マイワールド


気の向くまま思いのままに
by oss025
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お気に入りブログ
ブログの玉手箱
北国の花鳥風月
Do_画 de enjoy
日常のあれこれ
農園日誌
徒然なるままに-023
マイ ペース
趣味 優遊!
鶴子のひとりごと
のっぽおばさん 北国の暮らし
MYページ
亜矢の雑記帳
小樽そぞろ歩き( 四季の彩り)
パソコン絵画
いとしの花と2匹のネコ
     小樽ゆめ散歩
wakoわくランド
のりうさぎの「憩いのひととき」
     長 楽 萬 年
そよ風のように
つれづれに・・・
無言歌      ...
房ちゃんの部屋
気の向くままに
イチゴとリンゴの館
こまどり日記
コマクサ
写真蔵
昨日 今日 明日
Blog 掲示板
りんごの心
気の向くままにー2
午後のひだまり
ミッキーの散策日記
イチゴとリンゴの館 Ⅱ
その他のリンク
最新のコメント
我が家のお節にはウィルち..
by oss025 at 16:33
あれっ、何か物足りない!..
by tazu0617 at 21:08
TAZUさんお久しぶりで..
by oss025 at 22:17
忘れたころに更新される2..
by tazu0617 at 05:20
もう誕生日は嬉しくない歳..
by oss025 at 17:36
誕生日おめでとう! い..
by oss001 at 20:20
102さんご丁寧にありが..
by oss025 at 22:30
先日は大変ご馳走様でした..
by oss102 at 22:29
気の置けない女同士、食べ..
by oss025 at 18:00
まぁ、楽しそうな旅行とい..
by 鶴子 at 07:33
カテゴリ
全体
三匹のワンちゃん
日々雑感
嬉しいプレゼント
お気に入り
お絵描き
フラクラブ・ピカケ


行事
ssn文化祭
ssn文化祭・喫茶
雪灯りの路アート
その他
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 06月
最新のトラックバック
「さだまさし35周年記念..
from 大村の「PREMIUM」日記
仙台から藤原三代の黄金の..
from 旅日記&日常のあれこれ。
検索
ライフログ
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小春日和

                北大銀杏並木で戯れる子供たち
d0067906_14443420.jpg
小春日和の暖かいお天気が続いていますが、厳しい寒さを前にして、ひとときの安らぎを与えてくれる小春日和という言葉には、惹かれるものがありますね。
日本や中国(小陽春)では晩秋から初冬にかけての春を思わせるような暖かい日という意味で春と表現しますが、欧米などでは高緯度のため夏がちょうど日本の春の陽気に似ているところから、夏と表現しているそうです。
ただ、日本でも沖縄では、夏を思わせるほどに暑さがぶり返すので小夏日和というそうです。
外国で似たような表現をする言葉を調べてみたところ、これがとても面白いのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
米国  「インディアンサマー」
アメリカ・インディアンが冬支度をしたり、家事に追われて、短かった夏を楽しめなかった女性たちにとって、よい日和といった意味がある。
「人生の晩年などの落ち着いた幸福な一時期」という意味もあるそうです。
英国 「セント・マーチンの夏(偽の夏)」
アメリカのインディアンサマーと同じような意味があるが、夏みたいな気候だけれど実は違う偽の夏(インディアンに騙されたような天気)ということで、“Indian Summer”という。
ドイツ 「老婦人(おばあちゃん)の夏」
晩秋から初冬の頃、風が弱くポカポカと暖かい日に、お年寄りが公園のベンチなどでのんびりとくつろいでいる、そんな風景をイメージしている。
ロシア 「女の夏」
老年期に近づいた女性が見せる美しさや温かさをイメージしている。
夏に家事に追われた主婦にとって一休みする季節であり、寒さに備えて織物をする女達が額に汗する季節でもあるなど諸説がある。

また、ドイツやロシアの「老婦人の夏」や「女の夏」という言葉には、天気の他に青空を飛ぶ昆虫の蜘蛛の糸の意味があって、尾から数本の糸を垂れて風に乗り、小春日和の青空をきらきら光りながら飛ぶ蜘蛛を表現しているという。
日本の東北地方でもこのような現象が見られ、これを「雪迎え」と言って山形地方の風物詩ともなっているそうです。
こういった美しい言葉は、文学的な趣があって、さすが日本ならではと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
冬が一歩後退した小春日和の後には、厳しい冬が待っていますが、その前の一服といった小春日和にホッとしたものを感じます。
[PR]
by oss025 | 2009-11-07 11:27 | 行事 | Comments(24)
Commented by 175番です at 2009-11-07 17:58 x
とっても、心が癒される写真ですね。
今日の小春日和で冬支度が一気に加速しました。
厳しい冬、いつでも来い!
こんな心境です
Commented by nonko-mn at 2009-11-07 20:10
小張美よりもこんなに色々な国の言葉で・・・イッパイ調べてくれたのね。
寒い私にとっては辛い冬だなぁ・・・足代わりとそれだけで悲しくなるよ・・・ウンがんばるね。
Commented by oss025 at 2009-11-07 23:09
175番さん
いつでも来い!ですか!
一家の柱ですからね~。頼もしいですね。
でも冬はできるだけ遅くきてほしいです。
Commented by oss025 at 2009-11-07 23:19
nonkoさん
小張美より?聞きなれない言い方ですけれど・・・。 ♪(*^ ・^)
これからの季節、足が悪いnonkoさんにとっては、辛いですね。
でもnonkoさんならきっと負けないでしょうから、頑張ってね。
転倒にはくれぐれも気をつけてください。
Commented by 鶴子 at 2009-11-08 01:18 x
ふふ、いろいろと調べましたねぇ。
私も、ひとときの幸せを感じる小春日和ということば、
好きです。
絶対に訪れると分かっていても、冬は来ないでほしいです。
いつでも来い! 何て頼もしい方・・と思ったら、あらSさんでは
ありませんか。
Commented by hoshigarasu2 at 2009-11-08 11:52
インディアンサマーしか知らなかったです。
先日中島公園のベンチで老婦人お二人が池に映る紅葉や鴨も見ておられました。
おばあちゃんの夏だなと思いましたがドイツにそういう表現があるとは知らなかったです。
よいことを教えて頂きました、有難うございます。
Commented by あぜ道より道 at 2009-11-08 12:16 x
時々お邪魔させていただいています。
だいぶ大人になるまで「小春日和」は、春に使う言葉だと思い込んでいた
苦笑いをおもいだしました。  
ところで 「ひだまり」って、どこで使うのがいいのでしょうか?
気になってきました・・・。
友人に10月生まれの女性で「ひよりさん」がいるんですよ。
Commented by komadori2s at 2009-11-08 16:23
お国がらによって いろいろな表現があるのはおもしろく 拝読させていただきました。小夏日和というのが あるのには 笑ってしまいました。
そうですよねー、緯度によって天候はちがうのですもねー。
ほんと、日本には 美しい言葉がたくさんありますものねー。
小春日和、わたしも大好きです。
Commented by nakapa at 2009-11-08 17:49 x
小春日和はいい表現と思います。日本人でよかったです。小夏日和では
感じがでません。 ドイツの「おばあちゃんの夏」もいいですね。
ノンビリした感じがでています。 銀杏林の写真がいいですね。
やはり、秋の景色が一番好きです。
Commented by フラダン at 2009-11-09 09:39 x
子供の写真は何時でも穏やかな気持ちにさせてくれます、秋の景色に
よりいっそう彩りを添えて、いい写真ですね~「小春日和」にちなんだ
言葉の数々、どれも素敵で趣きのある言葉ですね、頭がチョット
クリーンになりました。ありがとう~~
Commented by oss025 at 2009-11-09 12:25
鶴さん
私も冬は家に閉じこもっていたいほど、苦手な季節です。
その割りには、過去スキー三昧、雪かき三昧??だったこともありましたけれどね。
でももうスキーも雪かきも縁がなくなって、その上、Sさんが言う冬支度も必要のない
生活になっていますから、冬でも吹雪でもどんとこい!ですよ。
冬は何と言ってもマンション快適ライフですよ~。
Commented by oss025 at 2009-11-09 12:26
hosigarasu2さん
さすが博識なhosigarasu2さん、インディアンサマーをご存知でしたか?
目にされた中島公園での光景は、まさにおばあちゃんの夏ですね。
人間が感じることは、世界共通、同じなんですね。
Commented by oss025 at 2009-11-09 12:29
あぜ道寄り道さん
お名前のように、寄り道してくださってありがとうございます。♪(*^ ・^)
とってもユニークな、でもとても懐かしさが感じられるノスタルジックなお名前ですね。
はてさてどなたかしら?

>だいぶ大人になるまで「小春日和」は、春に使う言葉だと思い込んでいた
ほんとうに、そういう方は多いのではないでしょうか。

>「ひだまり」って、どこで使うのがいいのでしょうか?
陽が当たっているところがひだまりだから、「ひだまりで子供が遊んでいる」とか、
そんなところでしょうか。

お友達の「ひより」さん、可愛いニックネームでとてもいいですね~。
Commented by oss025 at 2009-11-09 12:30
komadoriさん
言葉は人によっていろいろな感じ方があると思いますが、「小春日和」に関しては万国共通、一様に安らぎを与えてくれる暖かいイメージのようですね。
一年中温暖な沖縄では、四季のはっきりした北海道の気候と違って「小夏日和」というのも
頷けます。
同じ日本でもこんなに違っていたり、知らないことがあるのですから、世界的な観点でみたら面白いことが沢山ありそうですね。
Commented by oss025 at 2009-11-09 12:31
nakapaさん
日本の四季の変化は、天が与えてくれたとても貴重な自然の営みですね。
そこから生まれる文学的イメージは数知れないと思います。
奥ゆかしい日本独自の美しい言葉を大切にしたいですね。
Commented by oss025 at 2009-11-09 12:33
フラダンさん
小春日和のぽかぽか陽気に、ふわふわの銀杏の落ち葉の上で子供が遊ぶ光景は、
なんともいえず長閑でした。
銀杏を拾いに来ている人も沢山いて、この時期の散歩道としてはとても良いところです。
この温暖な日がしばらく続いてほしいですね。
Commented by toruneko65 at 2009-11-09 16:30
とっても小春日和という日にマッチした、お写真ですね。
今年は北大構内銀杏並木に行かずじまいでした。
ossさんの優しいアングルのお写真で満足しました。
私、この小春日和という言葉大好きです。
冬になる前のこの時期にちょうど良く暖かい日がぶり返す・・・
小春日和・・・毎日が小春日和であったらいいなぁ~なんて思っています。明日からまた、例年並みに戻るようですね。

米国、英国、ドイツ、ロシア、勉強になりました。ちょっと利口に
なったようです。ありがとうございました。♫
Commented by oss025 at 2009-11-09 21:00
小春日和の陽気に誘われての散策は、冬が来る前の束の間の幸せです。
四季がある日本で、季節を感じながら一年を過ごすことができるのは
素晴らしいことですね。
ご旅行でも、きっとそんなことを思われながら、ステキな時間を過ごされた
のではないでしょうか。
Commented by kktanpopo2 at 2009-11-10 09:15
世界各國の「小春日和」楽しく拝見しました。
写真の子供可愛いですね、二人は姉妹でしょうか?我が家の孫と同年齢?
私はこの写真が気に入りました、ありがとうございます。
小春日和から今日は寒気、防寒着で出掛けます。
Commented by oss025 at 2009-11-10 11:32
kktanpopoさんのお孫さんも同年齢くらいでしたね。
子供の写真は自然体でですよね。
この写真は沢山撮った中で、親子ずれがバックに小さく写っているところも
いいように思いました。
どんよりとした今日の空模様ですが、また気温が下がってきているようです。
風邪を引かないように気をつけてくださいね。
Commented by holoholom at 2009-11-11 06:46
小春日和も、つかの間でしたね。
写真、良く考えて撮っていますねパチ!パチ!
もう一、二度あると嬉しいのですが
今日はこれからバイトです・・・ブル、ブル。
Commented by oss025 at 2009-11-11 15:43
holoholomさん拍手ありがとうございます。
これは励ましの拍手でしょうか。♪(*^ ・^)
でも中々思うようなものが撮れません。
holoholomさんのアドバイスが、頭の中にあるんですけれど。
今日はどんよりとした空模様で外は寒そうですね。
お仕事ご苦労様です。
Commented by mitchi-jul at 2009-11-14 17:11
小春日和を感ずるステキな画像ですね♪
寒さに向かう季節、願わくば小春日和の多い日を念じます。
普段さりげなく使う言葉ですが、日本語は難しく奥が深いですね。
Commented by oss025 at 2009-11-14 21:43
mitchiさん こんばんは
しばらくお天気は良くないですね。小春日和はもうお仕舞いでしょうか?。
私達はカメラに写すことで、より身近に季節を感じながら一年が過ぎていますが、
それが年々めまぐるしく感じるのは歳のせいでしょうか。
でも四季の美しさを感じ取れる日本に、生まれそだったことは、幸せなことですね。
<< 枯葉のエピローグ バスの中はしとしとピッチャン >>