マイワールド


気の向くまま思いのままに
by oss025
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォロー中のブログ
ブログの玉手箱
北国の花鳥風月
Do_画 de enjoy
日常のあれこれ
農園日誌
徒然なるままに-023
マイ ペース
趣味 優遊!
鶴子のひとりごと
のっぽおばさん 北国の暮らし
MYページ
亜矢の雑記帳
小樽そぞろ歩き( 四季の彩り)
パソコン絵画
いとしの花と2匹のネコ
     小樽ゆめ散歩
wakoわくランド
のりうさぎの「憩いのひととき」
     長 楽 萬 年
そよ風のように
つれづれに・・・
無言歌      ...
房ちゃんの部屋
気の向くままに
イチゴとリンゴの館
こまどり日記
コマクサ
写真蔵
昨日 今日 明日
Blog 掲示板
りんごの心
気の向くままにー2
午後のひだまり
ミッキーの散策日記
イチゴとリンゴの館 Ⅱ
その他のリンク
カテゴリ
全体
三匹のワンちゃん
日々雑感
嬉しいプレゼント
お気に入り
お絵描き
フラクラブ・ピカケ


行事
ssn文化祭
ssn文化祭・喫茶
雪灯りの路アート
その他
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 06月
最新のトラックバック
「さだまさし35周年記念..
from 大村の「PREMIUM」日記
仙台から藤原三代の黄金の..
from 旅日記&日常のあれこれ。
検索
ライフログ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

東北の旅(中尊寺)

中尊寺は嘉祥3年(850)慈覚大師によって開かれ、1105年、藤原清衡が再興した天台宗の東北大本山。
その後、藤原四代100年にわたる栄華・文化の象徴として、一大仏教王国が築かれた。
中尊寺の境内に入るには長い急坂(月見坂)を上るが、上り口には弁慶の墓(弁慶の立ち往生の地)がある。
また四代泰衡公の首桶から発見されたハスの種が平成10年開花に成功し、初夏には「中尊寺ハス」として清楚な花を咲かせるのが見られるという。

中尊寺金色堂は、杉の巨木やまばゆいばかりの紅葉が周囲を覆い、堂の内外は漆に金箔が押され、柱や須弥壇には金銀珠玉がちりばめられている。     
壇上には本尊阿弥陀如来を中心に、黄金に輝く11体の仏像が安置されている。
d0067906_14125413.jpg


d0067906_15553722.jpg奥州藤原氏が滅亡して500年目に(1689)、
松尾芭蕉は門人の曽良と「奥の細道」の旅に出る。
平泉を訪れた芭蕉は、義経公の居館があったと伝え
られる高館の丘陵にのぼり詠んだのがこの句です。 
  
  夏草や 兵どもが 夢の跡

続いて中尊寺を訪れ金色堂に参詣、下の句を詠む 
  
  五月雨の 降残してや 光堂



d0067906_16471677.jpg

d0067906_14243321.jpg

[PR]
by oss025 | 2007-11-25 11:24 |
<< 東北の旅(小安峡)Ⅰ いい夫妻の日 >>