マイワールド


気の向くまま思いのままに
by oss025
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
ブログの玉手箱
北国の花鳥風月
Do_画 de enjoy
日常のあれこれ
農園日誌
徒然なるままに-023
マイ ペース
趣味 優遊!
鶴子のひとりごと
のっぽおばさん 北国の暮らし
MYページ
亜矢の雑記帳
小樽そぞろ歩き( 四季の彩り)
パソコン絵画
いとしの花と2匹のネコ
     小樽ゆめ散歩
wakoわくランド
のりうさぎの「憩いのひととき」
     長 楽 萬 年
そよ風のように
つれづれに・・・
無言歌      ...
房ちゃんの部屋
気の向くままに
イチゴとリンゴの館
こまどり日記
コマクサ
写真蔵
昨日 今日 明日
Blog 掲示板
りんごの心
気の向くままにー2
午後のひだまり
ミッキーの散策日記
イチゴとリンゴの館 Ⅱ
その他のリンク
カテゴリ
全体
三匹のワンちゃん
日々雑感
嬉しいプレゼント
お気に入り
お絵描き
フラクラブ・ピカケ


行事
ssn文化祭
ssn文化祭・喫茶
雪灯りの路アート
その他
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 06月
最新のトラックバック
「さだまさし35周年記念..
from 大村の「PREMIUM」日記
仙台から藤原三代の黄金の..
from 旅日記&日常のあれこれ。
検索
ライフログ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

もっくんの未来に幸運あれ!

d0067906_1955012.jpg米アカデミー賞の外国語映画賞を「おくりびと」が受賞した。失業したチェロ奏者が故郷・山形に帰り、ひょんなことから納棺師となる物語だ。
本木雅弘が93年にインド旅行中に納棺の儀式を目にして着想し映画化を発案したそうで、青木新門さんの著書「納棺夫日記」を通して構想を練り始めたのが約15年前、最初は期待もされず、いろいろな会社に企画が断られてきたと言う。d0067906_21395647.jpg

日本アカデミー賞の司会を務めた義母樹木希林が「まじめなんで、私は安心して本木さんの扶養家族になっております」と語ったところ、本木は「まじめというのは役者としては情けなく、役の何が大事か分からないから、所作やチェロを毎晩練習して役作りをした…」と・・・。
また、樹木希林は本木のことを「人の褒め言葉には うたぐり深いですから、褒められて素直に喜ぶ人じゃない。また次の仕事に行くと落ち込んだりする」とも語っている。 
                                        本木の青木氏への直筆の手紙                           d0067906_1957179.jpg
43歳にして大きな花を咲かせたもっくんこと本木雅弘の「真面目さ」が、受賞への道筋を作ったと言っても良いだろう。
勤勉で実直(真面目)な日本人の特質が、今日の日本の繁栄をもたらし、世界に優秀な日本人を輩出してきたことと合わせて、「真面目」に取り組むことが軽視されがちな現代、このような大きな結果をもたらしたことは尊い。

この本木を取り巻く人脈が面白い。
本木の妻内田也哉子はロック歌手の内田裕也と女優の樹木希林の一人娘。
沢田研二のデビューのきっかけを作ったのが内田裕也だそうだが、おくりびとの滝田監督をピンク映画から引き上げたのも内田だという。

ちなみに内田也哉子のプロフィールは、幼少の頃よりニューヨーク、ジュネーブ、パリなどで過ごし、19歳で結婚。2児の子育てをしながら歌手、女優、作家(小説家・詩人・歌人・俳人・随筆家・エッセイスト)で、著書「ペーパームービー」「会見記」などがある。それに絵本の翻訳もしているとか。
本木がNHK衛星番組で米アカデミー賞の紹介役を務めた92年に、本木の通訳を務めたのが当時16歳の也哉子さんだそう。

こんなユニークな人達に囲まれて、真面目なもっくんが今後どのような成長を遂げるのか興味深い。米アカデミー賞を受賞して「人智の及ばざる力が働いている」ともっくんは言っているが、もっくんの未来に幸運あれと祈りたい。
[PR]
by oss025 | 2009-02-26 19:57 | 日々雑感
<< 行列するほどの生キャラメルって? 雪あかりの路アート 2009 >>