マイワールド


気の向くまま思いのままに
by oss025
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フォロー中のブログ
ブログの玉手箱
北国の花鳥風月
Do_画 de enjoy
日常のあれこれ
農園日誌
徒然なるままに-023
マイ ペース
趣味 優遊!
鶴子のひとりごと
のっぽおばさん 北国の暮らし
MYページ
亜矢の雑記帳
小樽そぞろ歩き( 四季の彩り)
パソコン絵画
いとしの花と2匹のネコ
     小樽ゆめ散歩
wakoわくランド
のりうさぎの「憩いのひととき」
     長 楽 萬 年
そよ風のように
つれづれに・・・
無言歌      ...
房ちゃんの部屋
気の向くままに
イチゴとリンゴの館
こまどり日記
コマクサ
写真蔵
昨日 今日 明日
Blog 掲示板
りんごの心
気の向くままにー2
午後のひだまり
ミッキーの散策日記
イチゴとリンゴの館 Ⅱ
その他のリンク
カテゴリ
全体
三匹のワンちゃん
日々雑感
嬉しいプレゼント
お気に入り
お絵描き
フラクラブ・ピカケ


行事
ssn文化祭
ssn文化祭・喫茶
雪灯りの路アート
その他
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 06月
最新のトラックバック
「さだまさし35周年記念..
from 大村の「PREMIUM」日記
仙台から藤原三代の黄金の..
from 旅日記&日常のあれこれ。
検索
ライフログ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

不用品と資源ゴミ

d0067906_447102.jpgゴミ有料化に伴い整理をしている中で、多くの不用品が出てくる。
やめてからしばらくしまいこまれていたテニスラケットも思い切って
処分した。
履くことのない靴もかなり捨てたものの、1足だけ捨てられなかったのが写真の靴。
この靴は相当前に買ったメッシュの夏靴だが、サイズが合わなくなって履いていなかった。
かなり高額で気に入っていた靴なので、捨てられなくて長い間靴箱で眠っていたもの。
型崩れもしていないし、サイズが合えば今でも十分履けそうです。
今履いている靴のサイズは23EEEで、Eが3つもつかなければ履けなくなっている。
♪どおっしよお~まだまだ履けるかし~らっ!困っちゃうな~♪ 

d0067906_4495585.jpg ペットボトルなどは資源ゴミとして処理されるようになっていますが、写真のように私はラベルとキャップと口のところについている物を外して、ペットボトルとプラスチックに分けて出しています。
これを外さなければペットボトルに不純物が混ざるので手作業で取り除かなければならず、リサイクル業者の買い取り価格に差が出てくるといいます。
                   これは案外知られていないようですが、d0067906_4502079.jpgたとえば、外して出すとキロ48円のものが、外さなかった場合はキロ35円だそうです。
であれば、せめてラベルだけでも外すようアピールすべきですね。
この点に関して道内のどこの市町村の成績が良いかというと、江別が1位、2位はどこだったかしら? 3位が芦別だそう。
ただ、簡単なごみ出しのルールも守られていない現状では、あまり面倒なことを要求しても無理なのかもしれません。

7月からの有料化に向けて従来のルールから、多少変更された部分もあるようですから、スムーズに機能していくまでには時間がかかることでしょう。
[PR]
by oss025 | 2009-06-20 04:50 | 日々雑感

「黙していかん」

d0067906_22553869.jpg札幌市は7月1日からごみ収集が有料になります。
目前に迫った今月、燃やせるゴミ、燃やせないゴミの収集が通常の何倍も増えると予測され、我が家でも引越しの際に捨て切れなかった物が予想外に多く、日々悪戦苦闘している。
アルバムの整理をしていると、昔の写真に見入ってしまったり、手がとまることもしばしば。

そんなおり、ちょっと面白い発見がありました。
夫が「この5千円札はプリントしたもの?それとも本物?」と言うのです。
なんのことかと見ると、現金封筒に入った5千円札です。それはまさしく本物でした。
差出人を見て私は「ええ~」と思わず驚きの声をあげました。
それは道新生活部「いずみ」からのものだったからです。
道新「いずみ」に私の初めての投稿文が掲載されたのは、平成7年の1月19日でした。
その後同年5月、10月と続き、間をおいてH16年の9月にも掲載されました。
この5千円札はH7年10月掲載分として送られてきた原稿料でした。

思い起こせば、最初の投稿は、弟が単身赴任先の帯広で急逝したことがきっかけでした。
3月28日更新のブログ「夫婦同寝」の中で書きましたが、それは予期せぬ突然の訃報でした。
        ↓
私の弟は単身赴任先で急死している。
布団の中で亡くなっているのを、始業時間を過ぎても出勤してこないのを不審に思って見に行った同僚によって発見された。
冬の訪れも近い寒い朝だったが、弟の訃報を知らせる電話を受けた時の驚きは、10数年を経た今でも忘れられない。
高校生の子供二人と、同居していた年老いた母を残しての突然の死は、さぞかし無念だったに違いない。誰もが、“もし家族が一緒だったら”という悔いが残った。


当時私たちは小樽住まいで、弟の家族は札幌、弟は帯広という生活でしたから、弟と顔を合わせるのは、お正月とお盆の年2回か、時にはお正月の1回のみということもありました。
そんな状態でしたので、生前の弟の暮らしぶりを知るすべもなく、只々悲嘆に暮れるばかりでした。
そんな中、その年も終わろうとする頃、職場の同僚が、弟のために「黙していかん」というタイトルの追悼集を作って贈って下さったのです。
d0067906_22271995.jpg
この追悼集は残された私たちにとって、どれほど慰めになったことか・・・それはとても大切なものになりました。
暮れの忙しい中、時間を割いてくださった職場のみなさんに、私は何とか感謝の気持ちを伝えたいという思いで「いずみ」
に投稿したのでした。
やがてその想いが届き、記事を見て下さった同僚の方から
お手紙を頂いたことは忘れられない感動でした。
若くしてこの世に思いを残して逝った弟の魂が、結び付けてくれた大切な縁のような気がしました。

説明が長くなりましたが、ひょんなところから出てきた5千円札は、無くした覚えもなく、何故そんなところに雲隠れしていたのか、とんと覚えが無く、できればお札に聞いてみたいくらいです。
そのお陰で当時の様々な思いがよみがえり、数年ぶりに追悼集を読んで涙を新たにした私でした。

ちなみに弟は○○亭の広告宣伝課に所属し、毎月の新聞広告、ポスター、パンフレット、ダイレクトメールの他、包装紙のデザインやお菓子のパッケージのデザインのほとんどが弟の手によるもので、様々な賞を受賞していたようです。
中でもマルセイバターサンドは、多くのみなさんの目に触れていることでしょう。
かつての小樽の青山別邸(現貴賓館)の当時の看板のデザインも弟が手がけたものでした。
こうして弟は彼を偲ぶよすがとして、私たちに多くのことを残して逝きました。

ゴミの話が想わぬ方向に発展してしまいましたが、この件については、もう一つ余談があります。
それは一昨年の春、夫がビール券をなくして、さんざん探した末に諦めたものが、今日2年ぶりに出てきたというオマケつきでした。
[PR]
by oss025 | 2009-06-12 21:45 | その他

ブログ生活この4年

d0067906_13104563.gif4年前の6月、学習部長に勧められ、ブログ学習会を受講した。
それまではメールを書くだけで、ブログを開設したものの3ヶ月は
手付かずの状態だった。
夫に背中を押されPhotoshop elementsを受講し、私のパソコン
ライフは実質そこから始まった。

夫頼みだった最初のページは、後に成長したウィル(トイプードル犬)の写真を追加した。
受講して習得した裏技でバックに写った人を消してスッキリした写真になっている。
ここからが私のブログ生活のスタートだった。d0067906_1471651.jpg

右の写真はランチョンマットの上に、別の写真からどんぶりを切取って持って行き合体させたもの。撮り直し出来ない写真も、こんなふうに取り繕うこともできるこうしてPhotoshop elementsを駆使して色々試し、楽しむようになった。

この年の10月、ssn文化祭で喫茶[カトレア」のディスプレーを担当。
その模様をブログに残すこともできた。

11月に開催されたoss文化祭には逆光で写した写真を出品した。
技術的には未熟なものだけれど、私にとっては思いで深い写真となった。

「お絵かきクラブ」は数ヶ月間で脱落したけれど、文化祭作品用に気合を入れて描いたトンボの絵は、たった1枚の貴重な絵だ。また描きたいと思いながら、忙しさに紛れ踏み出せないでいる。

この年の1月に「フラクラブ・ピカケ」がスタートした。
そこでフラレシピを「ペイント」を使って書けないだろうかと考えた。
まだソフトを使いこなしていない段階だったから、試行錯誤しながら悪戦苦闘して取り組んだ。
最初のころと後半のレシピを比較すると、人形の手足の動きに格段の差がある。
その後「ピカケ」は廃部になり、私のレシピ作りもピリオドを打った。d0067906_1491612.jpg

「ペイント」を使ってパッチワーク風写真にも取り組んだ。
これも面倒で難儀したけれど、何度もやっていくうちに、より簡単にできる方法を発見するなど、自分なりに工夫することで身についたものが沢山ある。
まさに「習うより慣れろ」である。

このように私のパソコンライフはこのブログと共に成長してきた。
これも後押しして下さった方々のお陰と感謝している。

ピンクの文字をクリックして見てくださいね。
美術展写真、トンボの絵、フラレシピは、画面をクリックすると拡大されます。

[PR]
by oss025 | 2009-06-03 15:20