マイワールド


気の向くまま思いのままに
by oss025
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
ブログの玉手箱
北国の花鳥風月
Do_画 de enjoy
日常のあれこれ
農園日誌
徒然なるままに-023
マイ ペース
趣味 優遊!
鶴子のひとりごと
のっぽおばさん 北国の暮らし
MYページ
亜矢の雑記帳
小樽そぞろ歩き( 四季の彩り)
パソコン絵画
いとしの花と2匹のネコ
     小樽ゆめ散歩
wakoわくランド
のりうさぎの「憩いのひととき」
     長 楽 萬 年
そよ風のように
つれづれに・・・
無言歌      ...
房ちゃんの部屋
気の向くままに
イチゴとリンゴの館
こまどり日記
コマクサ
写真蔵
昨日 今日 明日
Blog 掲示板
りんごの心
気の向くままにー2
午後のひだまり
ミッキーの散策日記
イチゴとリンゴの館 Ⅱ
その他のリンク
最新のコメント
我が家のお節にはウィルち..
by oss025 at 16:33
あれっ、何か物足りない!..
by tazu0617 at 21:08
TAZUさんお久しぶりで..
by oss025 at 22:17
忘れたころに更新される2..
by tazu0617 at 05:20
もう誕生日は嬉しくない歳..
by oss025 at 17:36
誕生日おめでとう! い..
by oss001 at 20:20
102さんご丁寧にありが..
by oss025 at 22:30
先日は大変ご馳走様でした..
by oss102 at 22:29
気の置けない女同士、食べ..
by oss025 at 18:00
まぁ、楽しそうな旅行とい..
by 鶴子 at 07:33
カテゴリ
全体
三匹のワンちゃん
日々雑感
嬉しいプレゼント
お気に入り
お絵描き
フラクラブ・ピカケ


行事
ssn文化祭
ssn文化祭・喫茶
雪灯りの路アート
その他
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 06月
最新のトラックバック
「さだまさし35周年記念..
from 大村の「PREMIUM」日記
仙台から藤原三代の黄金の..
from 旅日記&日常のあれこれ。
検索
ライフログ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

とっておきの失敗談  2

d0067906_10142695.jpg昨年日本海に面するある小さな漁村に行ったときのこと。
今は空き家になっている知人の実家を貸していただき一泊した。
夕食は持参した鮎で、鮎ご飯や、塩焼き、それに新鮮野菜の浅漬、その他、超特大の貝付ホタテや、つぶ、ホッキ、イカ、漁師さんに頂いたウニなど、海の幸を炭火焼きで堪能した。
日本海に沈んでいく夕日を眺めながらの仲間との語らいも、食材の美味しさを増幅させた。

登山やスキューバーダイビングが趣味という、一緒に泊まった人達のめったに聞けない話題にも興味を惹かれた。
翌日は近くのパークゴルフ場で遊び、一泊二日の楽しい旅行は終わった。
・・・が、この時私は、出かける前には予測もつかない大失敗をしてしまった。

出発前夜、バーベキューをするというので、そのために必要な道具や、パークゴルフの道具など、大荷物を玄関のところにまとめて用意した。d0067906_10134875.gif
準備万端整えて、翌日夫と二人で両手いっぱいの荷物を抱え車に積んで、意気揚々と出発した。
途中スーパーや市場で買い物をしたり、ルンルン気分だった。
ところが・・目的地に着いて車のトランクを開けた途端に「あっ」と、あることが頭をかすめた。
まさか、まさかと思ったけれどやっぱり間違いなかった。
よりによって「旅行バックまるごと」積み忘れたのだった。
「なんでえ~!」 頭は真っ白!

洗面道具やお化粧道具などは、出かける朝でなければしまえないというのはいつものことなのに、前夜全て玄関のところに出しておいたというのが、私の頭の中で最優先してしまったようだ。

歯ブラシは買えばよいけれど、着替えやお化粧道具はどうにもならない。あぁ情けない!
それでも、一泊だから どうということはないと気を取り直した。

翌日のパークゴルフはスカートにサンダルという出で立ちだった。
まぁでも命に関わることではないから、よしとしよう。 こんなことは2度はないだろうから!
[PR]
by oss025 | 2009-07-23 10:16 | 日々雑感 | Comments(18)

とっておきの失敗談  1

d0067906_0461940.jpg7月だというのに、なんて鬱陶しい空模様なのでしょう。
ついつい気持も沈みがちです。  
そこで・・・とっておきの明るい?話題を・・・。

落ち着いているように見えて、実はあわて物の私です。
昨年もこんな失敗を・・・。

先日アウクルで、町田真理子さんのフォーラムがあり、素晴らしい歌声とお得意の個性溢れる絵を披露してくださった。
真理子さんはSSNの村田静穂さんの妹さんで、私は一昨年の真理子さんのコンサートで、その歌や人柄に魅了された。
彼女は歌と絵の素晴らしさと合わせ、トークでも観客のハートを掴む退屈させない技を持っている。

笑ってしまったのは、知り合いの方の海外での失敗談。 
それはホテルに泊まった時に、バスルームに入ろうとして間違って外に出るドアを開けてしまった
という話だった。

実は私も昨年の海外旅行で同じ失敗をした経験から、思わず隣の夫と顔を見合わせてしまった。

シャワーを浴びようと、洋服を脱ぎロッカーに掛けて、バスルームのドアを開けた。
いやその筈だった。それがなんとドアの向こうはバスルームならぬ廊下だった。
丁度その時通りかかった女性の二人ずれが、こちらを見て「アハハ」と笑ったんで、もうビックリ! 咄嗟にドアを閉めた。 「見られたのが男性でなくて良かったぁ~」と思いました
もしかしたら襲われていたかもしれませんしね~。∵・゚ゞゞゞ(゚c_,゚`。)プッ

そのあと、私と夫はおかしくて、おかしくて、しばらく笑い転げた。
とんだ失敗だったけれど、この時私は裸ではなく、ボディスーツ姿だったからまだ良かった。
真理子さんの知人は、真理子さん曰く「すっぽんぽん」だった、というから爆笑した。

こんなことは、日本のホテルではあり得ないこと。
部屋の作りのせい?それと方向音痴のせいだろうか。

いずれにしても、こんなドジな人間は私だけと思っていたら、思いがけないところから 他にもいたと分かって、変に心強く思ってしまった。

海外旅行の際には、くれぐれも浴室のドアには、ご注意を!

More→真理子さんの絵もご覧下さい
[PR]
by oss025 | 2009-07-17 00:52 | 日々雑感 | Comments(20)

赤い運河

小樽中心街のひっそりとした街の佇まいとは対照的に、運河周辺は観光客が絶えません。
今や運河は、観光小樽の象徴となり、かつて存続の危機にさらされた影など微塵も見られないほど賑わっています。

昨日上演された、演劇集団「テアトロ浅草橋」の「赤い運河」を観てきました。
小樽運河保存に情熱を捧げた「小樽運河を守る会」の初代事務局長藤森茂男さんが主人公として描かれています。
藤森氏は、昭和46年小樽潮祭りを仲間とともに立ち上げ、昭和53年には運河保存運動の一環として「ポートフェステバル」を開催。その後潮祭りと「ポートフェステバル」を連動させ、歴史的建造物のライトアップやジャズコンサートなどへと発展させ、今にちの小樽観光を繁栄へと導いた人です。

藤森さんについては、こちらをご覧ください

今にちの小樽観光に欠かせない、運河を残すことの意味の大きさが、劇を通して伝わってきます。

 元OSS会員のOさんが、主人公の友人という重要な役どころで熱演していました。
 白髪と白い顎ひげがトレードマークのOさんでしたが、髪を黒く染め、あごひげもなくなって、
 顔にはドーランを塗っていました。まるで別人です。
 写真は小さすぎて、それにぼけているので分かりにくいかも知れません。

          藤森氏の長女弥生の回顧シーンからはじまる
d0067906_17131597.jpg

          向かって右から2番目の赤い服の男性が元会員O氏
d0067906_17134082.jpg

          向かって左の白いブレザーがO氏
d0067906_17135669.jpg

          歴史の語り部「影」と「童」 ( 1 )
d0067906_17141327.jpg

          歴史の語り部「影」と「童」 ( 2 )
d0067906_17143130.jpg

          クライマックスシーン  下がO氏
d0067906_1714569.jpg

          友情出演シャンソン歌手 清水紫
d0067906_17371316.jpg

          フィナーレ
d0067906_17215081.jpg

[PR]
by oss025 | 2009-07-05 17:15 | その他 | Comments(10)