「ほっ」と。キャンペーン

マイワールド


気の向くまま思いのままに
by oss025
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お気に入りブログ
ブログの玉手箱
北国の花鳥風月
Do_画 de enjoy
日常のあれこれ
農園日誌
徒然なるままに-023
マイ ペース
趣味 優遊!
鶴子のひとりごと
のっぽおばさん 北国の暮らし
MYページ
亜矢の雑記帳
小樽そぞろ歩き( 四季の彩り)
パソコン絵画
いとしの花と2匹のネコ
     小樽ゆめ散歩
wakoわくランド
のりうさぎの「憩いのひととき」
     長 楽 萬 年
そよ風のように
つれづれに・・・
無言歌      ...
房ちゃんの部屋
気の向くままに
イチゴとリンゴの館
こまどり日記
コマクサ
写真蔵
昨日 今日 明日
Blog 掲示板
りんごの心
気の向くままにー2
午後のひだまり
ミッキーの散策日記
イチゴとリンゴの館 Ⅱ
その他のリンク
最新のコメント
我が家のお節にはウィルち..
by oss025 at 16:33
あれっ、何か物足りない!..
by tazu0617 at 21:08
TAZUさんお久しぶりで..
by oss025 at 22:17
忘れたころに更新される2..
by tazu0617 at 05:20
もう誕生日は嬉しくない歳..
by oss025 at 17:36
誕生日おめでとう! い..
by oss001 at 20:20
102さんご丁寧にありが..
by oss025 at 22:30
先日は大変ご馳走様でした..
by oss102 at 22:29
気の置けない女同士、食べ..
by oss025 at 18:00
まぁ、楽しそうな旅行とい..
by 鶴子 at 07:33
カテゴリ
全体
三匹のワンちゃん
日々雑感
嬉しいプレゼント
お気に入り
お絵描き
フラクラブ・ピカケ


行事
ssn文化祭
ssn文化祭・喫茶
雪灯りの路アート
その他
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 06月
最新のトラックバック
「さだまさし35周年記念..
from 大村の「PREMIUM」日記
仙台から藤原三代の黄金の..
from 旅日記&日常のあれこれ。
検索
ライフログ
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

OSS美術展

恒例のOSS美術展が小樽美術館を会場に開催中ですが、3日目にして440名の来場者で賑わっています。
新会長の下、実行委員長も新たに選任され、その上 会場もリニューアールされて、全てが新しずくめです。
今年は真夏の熱い時期ですが(開催日はくじ引きで決められる)有難いことに会場にはエアコンも装備されている。

デジカメ写真、パソコン画、加工写真、手工芸など381点の作品が出品され、会場の模様は新聞にも掲載されました。

また、パソコン画を描いたり、好きな写真を印刷した団扇の製作、レース生地でエコたわしを作るなど来場者に参加していただく実習コーナーが設けられています。
特にお孫さんの写真を印刷した団扇が人気を呼んでいました。

d0067906_13365185.jpg

d0067906_14141619.jpgd0067906_13415383.jpg









d0067906_1454116.jpg


d0067906_1410212.jpg

[PR]
by oss025 | 2011-07-30 13:44 | 行事 | Comments(0)

北見塩焼きそば  なまら旨いよ!(^^♪

ソースでもなく、あんかけでもない、特製の「塩だれ」で味付けしたご当地グルメ「オホーツク北見塩焼きそば」が人気を呼んでいる。
日本一の生産量を誇る地元北見の玉ねぎとオホーツク海で獲れたホタテを具に、塩ダレにはタマネギと天然ホタテエキスが入り、オホーツクの海水100%の天然塩で仕上ている。
デビュー4年目にして市内27店舗で年間11万食を販売するヒットメニューになっているという。

「オホーツク北見塩やきそば」には、下記のような定義8ケ条が制定されている。

d0067906_171552.jpg1 道内産の小麦を主原料とした麺を使用する
2 豚肉ではなくオホーツク産のホタテを使用する
3 キャベツではなく生産量日本一の北見産タマネギを使用する
4 味付けはソースではなく塩とする
5 皿ではなく、鉄板で提供する
6 協議会指定の道産割り箸を使用する
7 できるだけ北見にこだわったスープをつける
8 シズル感を演出するために魔法の水を用意する 
 (※シズル感てどういう意味なのでしょう?)

さて、その噂の塩焼きそばに、このたび訪れた北見で出会った。
写真は北見中心部の高台にあるホテル黒部の塩焼きそば。(850円)

大きな帆立とグリーンアスパラの具のほか、丸焼きにしたホックホクの地元の男爵いも半分が添えられ、フライにした玉葱と糸唐辛子がトッピングしてある。
熱々の鉄板で運ばれてきて、テーブルで塩ダレを回し掛けてくれる。
地鶏の温泉卵を絡めて食べれば なんともいえないトローリとした美味しさが口一杯に広がる。
これはやっぱり塩ダレだからこその美味しさ。
お好みで添えられているレモンをたっぷりふり掛けて食べれば、さらに味に深みが出る。
希望者には ご飯のサービスもある。
熱々の鉄皿なので最後まで温かく食べられる。

北見でなくても どこかのイベント会場で 出会えるかもしれません。

オマケ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「菓子処 大丸」  

d0067906_1755270.jpg

北見に行ったら是非寄りたいところがこのお菓子屋さん。
札幌周辺にはない美味しいお菓子に出会える。
[PR]
by oss025 | 2011-07-25 16:46 | その他 | Comments(0)

クラス会

d0067906_189033.gif4時間半の道のりをバスに揺られ、7月17日午後2時、久しぶりに懐かしの故郷北見の土を踏んだ。
同級生が経営するレストランに向かったが休業で、やむなく北見名物の塩焼きそばが評判だという近くのホテルに行った。
評判どおり美味しく、雨のなか行った甲斐があった。

クラス会は留辺蘂の「塩別つるつる温泉」1泊で、親交を温めることになっている。先ずはホテルの送迎バスの中での対面から始まった。
中学卒業後初めて会う人もいてお互いの変貌ぶりに感嘆の声があがる!
どこかしら面影が残る人が大半だったが、往々にして女性より男性のほうが変貌している。
厳しい世の荒波にもまれてきたせいだろうか?

参加できなかった人の中には、消息不明者のほか、脳梗塞で言葉を発せず車椅子生活になっている人や、肺がんの手術で経過が思わしくない人、また持病のため療養中の人がいるという。
亡くなった人も5名いて、参加者は先生他17名だった。
先生は御歳80歳で、御髪が薄くなってはいたが変わりなく若々しかった。
「ここに出て来れる人は幸せだからだよ」と誰かが言った。 参加できたことに感謝したい。

宴もたけなわに昔の愛称が飛び交い、豪華な料理はほとんど手付かずで、話に花が咲いた。
二次会は延々午前2時まで、それぞれの部屋にひきあげてからも夜明けまで話が尽きることがなかった。
唱歌「ふるさと」のメロディーとともに思い浮かぶ風景そのままに、あの頃の懐かしい思い出が蘇ってくる。
それは ほんの短い期間ではあったが、わが人生における忘れえぬ大切な一時期だった。

こうして1泊2日のクラス会は多くの思い出を残し、3年後に札幌での再会を約束して別れた。
若さと美貌?を保つべく、3年後に向けて励みにしたい。(^^♪
[PR]
by oss025 | 2011-07-20 16:15 | その他 | Comments(0)