「ほっ」と。キャンペーン

マイワールド


気の向くまま思いのままに
by oss025
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
お気に入りブログ
ブログの玉手箱
北国の花鳥風月
Do_画 de enjoy
日常のあれこれ
農園日誌
徒然なるままに-023
マイ ペース
趣味 優遊!
鶴子のひとりごと
のっぽおばさん 北国の暮らし
MYページ
亜矢の雑記帳
小樽そぞろ歩き( 四季の彩り)
パソコン絵画
いとしの花と2匹のネコ
     小樽ゆめ散歩
wakoわくランド
のりうさぎの「憩いのひととき」
     長 楽 萬 年
そよ風のように
つれづれに・・・
無言歌      ...
房ちゃんの部屋
気の向くままに
イチゴとリンゴの館
こまどり日記
コマクサ
写真蔵
昨日 今日 明日
Blog 掲示板
りんごの心
気の向くままにー2
午後のひだまり
ミッキーの散策日記
イチゴとリンゴの館 Ⅱ
その他のリンク
最新のコメント
我が家のお節にはウィルち..
by oss025 at 16:33
あれっ、何か物足りない!..
by tazu0617 at 21:08
TAZUさんお久しぶりで..
by oss025 at 22:17
忘れたころに更新される2..
by tazu0617 at 05:20
もう誕生日は嬉しくない歳..
by oss025 at 17:36
誕生日おめでとう! い..
by oss001 at 20:20
102さんご丁寧にありが..
by oss025 at 22:30
先日は大変ご馳走様でした..
by oss102 at 22:29
気の置けない女同士、食べ..
by oss025 at 18:00
まぁ、楽しそうな旅行とい..
by 鶴子 at 07:33
カテゴリ
全体
三匹のワンちゃん
日々雑感
嬉しいプレゼント
お気に入り
お絵描き
フラクラブ・ピカケ


行事
ssn文化祭
ssn文化祭・喫茶
雪灯りの路アート
その他
未分類
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 06月
最新のトラックバック
「さだまさし35周年記念..
from 大村の「PREMIUM」日記
仙台から藤原三代の黄金の..
from 旅日記&日常のあれこれ。
検索
ライフログ
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

母が逝って

d0067906_23232016.jpg
桜の季節を待たずに母が逝って1ヶ月が過ぎました。
寒い日が続きいつもの年とは違って、なんだか世の中全体が沈んでいるような気配がありました。

姉からの電話で母の急逝を知らされ、後悔ばかりが頭をよぎりました。
OSS10周年祝賀会直前のことでしたので、私はよさこいソーランの踊りと衣装の仕上げに心血を注いでいる最中で、忙しさにかまけ面会に行く足も遠のいていたからです。
亡くなる前日に行くつもりが行けなかったことも、悔いが残りました。

亡くなった直後は何故か涙もでなかったのに、今は母の話をすると涙がとまらなくなります。

6年前に胃がんが見つかって手術をしてから加速的に歳をとって行き、そんな母をただ見守っているしかありませんでした。
手術は果たして最善の選択だったのか?何度となく自問自答しても答えは出ないままです。

写真は手術直前に私が撮ったものです。
これが母が元気な時の最後の写真になりました。
私の中で母はずうっとこの写真のイメージのままでしたから、現実とのギャップは受け入れ難いものがありました。

自分に置き換えてみた時に、自分にとって また子供の立場だったら?等々・・・
終末のあり方を今一度考えなければならないことだと思います。
[PR]
# by oss025 | 2013-05-25 22:36 | 日々雑感 | Comments(0)

OSS10周年記念美術展

「OSS設立十周年記念美術展」が5月3日から4日間開催されました。

油彩、水彩、版画、ちぎり絵、絵付け、書、筆ペン、デジカメ写真、パソコン画、加工写真、川柳等の文芸作品、手工芸作品等、総数にして約280点に及ぶOSS会員の作品が展示され、多くの来場者で賑わいました。

祝賀会で踊ったよさこいの衣装も展示されました。

d0067906_17283696.jpg


d0067906_17295919.jpg

d0067906_1105085.jpg


こちらもご覧下さい
[PR]
# by oss025 | 2013-05-09 17:30 | 行事 | Comments(0)

10周年祝賀会よさこいソーラン

d0067906_21285335.jpg

私とKさんは、一昨年の春から交流会の余興係りとしてコンビを組んできた。
昨年の交流会が終わって間もなくのこと、二人は札幌の某レストランでランチをしながらOSS10周年の祝賀会に「よさこいをやろう!」という話で盛り上がった。

私たちが考える「よさこい」は余興というより、祝賀会全体を盛り上げたいという強い思いがあり、また当日の諸々の事情を考慮して、オープニングとしてやることを提案した。

その後、年末交流会終了直後に、まずは衣装や振付をどうするか、また、練習場の確保など本格的に動きはじめた。
踊り手募集に対しては33名の方が呼びかけに応えてくれたが、それぞれの事情で30名になり、それに幟を持って掛け声を掛ける人2名が加わり最終的に32名になった。
年齢は59歳から79歳まで、50代2名、60代11名、70代19名。
平均年齢69,40歳となっている。

衣装や練習場などに出来るだけ費用を掛けないよう知恵を絞り、練習場に関しては会員のYさんやSさんの協力もあって1月31日の初練習にこぎつけた。
それから3カ月間17回の練習を重ね、既存のクラブにはないチームワークの良さで本番を迎えた。

本番ならではのアクシデントもあったが、「ドッコイショ!ドッコイショ」「ソーラン!ソーラン!」「ハイ!ハイ!ハイ!」と威勢の良い掛け声とともに32名が乱舞した。
(文字通りちょっと乱れていたかも(^_-) )
こうして私たちのよさこいは、32名それぞれの思いを残して、3分半で燃え尽きて終わった!

その後メーリングを通して、また直接にも「1回で終わってしまうのはもったいない!もう一度見たい」という多くの声が聞かれ、3カ月間の疲れがいっぺんに飛んでいったような気がする。

こうして私たちの余興コンビも この「よさこい」で燃え尽きたのでした。
[PR]
# by oss025 | 2013-05-03 12:05 | 行事 | Comments(0)

よさこいソーラン

OSS10周年の祝賀会が間もなく開催されます。
祝賀会のオープニングで予定されているよさこいソーランの踊りもあと1回を残し16回の練習を重ねてきました。
当初の予想を超えた上達ぶりは、私たちの期待に応えてくれたみなさんの頑張りの成果です。

衣装は出来るだけお金を掛けずに良いものをと、試行錯誤を重ねて、写真のような格好良い長半天が出来上がりました。
限られた材料で30着以上も作らなければならないという制約の中で如何にみなさんに気に入ってもらえるかを工夫し、お金を掛けない分、時間と手間をかけました。
これも半纏を縫って頂いたスタッフの頑張りがあったからこそです。

そして講師役のKさん!お疲れ様。
無事本番を迎えられるまであと少しですね!ガンバ!

d0067906_1733739.jpg

d0067906_17333089.jpg


d0067906_19111523.jpg花柄の半天は写真のように、一枚の生地に両面接着芯を貼り花を一つひとつ切り抜いて、土台になるサテン地にバランスよく貼っていった。
こうして他の半天にも、合う柄を同じように貼って三通りの半纏が出来上がり、鉢巻もそれぞれの半纏に合わせたデザインにした。
これはとても根気のいる作業でしたが、見違えるような仕上がりになりました。
d0067906_2054536.jpg

[PR]
# by oss025 | 2013-04-21 17:34 | Comments(2)

よさこいソーラン幟(のぼり)

d0067906_14351323.jpgd0067906_14354555.jpgよさこいソーラン踊りへ向けて諸々の下準備からスタートして、ほぼ2か月になろうとしている。

踊り手の呼びかけには多くの方に手を上げて頂き、それから1ヶ月を経て意欲的に練習に励んできた成果が見られるようになってきた。

踊りの練習の他に衣装作りや幟の制作も同時進行で着手している。

幟に関しては、まずどんな言葉やデザインで人目を引くものを作り上げることができるかと、あれこれ考えてこのような見本を作った。

あとは背景になる生地の選択や、文字の色をどんな色にするかが出来栄えを左右する決め手となるだろう。

文字のペイントを引き受けてくださった方の職人技で、どんな素晴らしい作品ができるか楽しみでもある。
[PR]
# by oss025 | 2013-02-24 14:47 | 行事 | Comments(0)

OSS十周年記念行事

               【 ♪ こ の 指 と ~ ま れ ! 】
d0067906_11561992.jpg             
シニアネットがスタートして間もなく10回目の春を迎えようとしていますが、その記念すべき10周年の祝賀会が、来る4月29日に開催されます。

あの時50代、60代、あるいは70代だった方は、更に10年の歳を重ねたわけですが、どんな10年をお過ごしになりましたか?
きっとシニアネットで出会った仲間と、共に学び共に遊び、楽しい日々を過ごされたのではないでしょうか。

私たちはそんな十周年の記念に相応しい企画として【よさこいソーラン】を踊って、OSSの歴史に思い出の一ページを刻むことができたらと考えました。

ご存知のようによさこいソーラン祭りは、ある若者が中心となって始まり、今や札幌の一大イベントに成長しました。
いつもは沿道で、またはお茶の間のテレビで、観客として見ているだけだったよさこいソーランでしたが、今度は踊り手になって、OSSの新たな明日に向けて踏み出す第一歩を、あなた自信の手で担うことができたら素晴らしいことだと思いませんか?

踊りは覚えやすく、シニアに負担の掛からないような振りにしましたので、難しくはありません。
練習は概ね週一回程度で、どなたでも気軽に参加できる内容です。
踊りのポイントとなる衣装も、着物地などを持ち寄って制作予定です。

是非この機会にシニアパワーを全開させましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうした呼びかけに多くの方に踊り手として指に止まって頂き、早2カ月になろうとしている。
実現に向けてシニア力も捨てたもんじゃないなぁと実感する日々です
[PR]
# by oss025 | 2013-02-24 11:15 | 行事 | Comments(0)

82歳のプロポーズ

自分にとっての人生の春は、その後の人生を共にする伴侶との出会いだったように思う。
そんな出会いは何度もやってくるものではないが、新聞の読者投稿欄にこんな記事が載っていた。

妻が天国に召されて2年半が過ぎた。わずか三カ月余りの入院でサヨナラを言う間もなく世を去った。金婚式を迎えた2年後のことである。以来独居老人として家事万端こなしてきた。
多少血圧が高いことを除けば、足腰も丈夫で毎日勤務している。
健康診断の結果体内年齢57歳とか。ひとり暮らしを心配して見合いを勧めてくれる方もいる。
そんな私の人生に予想もしなかった“サプライズ恋人”が現れた。
いい歳をして何を今更と笑われるかもしれない。
彼女とはメル友で、友人以上恋人未満の関係であったが、最近、恋人と言えるようになってきた。
神様も人生最後のところで粋なプログラムを組んでいたものである。
歳の差がひと回り半も違う彼女だが、フィーリングが合い、味気ない独り暮らしに潤いと張りを与えてくれる。人生に対する考え方や価値観を共有することもでき、いつかプロポーズをしたいと考えるようになった。
今後どういう展開になるのか分からないが、自分の気持ちを素直に伝えたいと思っている。
82歳になって恋をしてはいけませんか。

d0067906_9244592.gif
行間からは若い感性と知的センスに溢れた魅力ある82歳!と感じとれた。
亡くなられた奥様は天国でさぞ驚いているに違いない。
d0067906_921478.gif
この記事を見て読者はどう感じただろうか?
男性は「自分も」と希望を抱いたかもしれない。
女性は・・・「一度でたくさん!」という影の声が聞こえてきそうな・・・。
[PR]
# by oss025 | 2013-02-21 09:16 | 日々雑感 | Comments(0)

節分の日に

節分の今日、縁起担ぎの恵方巻きが飛ぶように売れたらしい。

夫は朝から出かけていたが、私が台所で海苔巻を作っていると、「恵方巻きを買ってきたよ」と言って帰って来た。d0067906_1218157.jpg
例年作っているというのに、夫の記憶の中には刷り込まれていないらしい。
確か昨年も同じことを言っていたような気がする。

OSSの山吹さんと大原さんが、体罰についての経験談をメーリングに寄稿していた。
戦後生まれの私には遠い世界の出来事で、ドラマの中で見るだけだったが、体育系のしごきのようなことは、いっとき問題になってもいつのまにか忘れ去られ、何度となく繰り返されてきた。

こうした強者の論理がまかり通る世界で、弱者が意志を通していくには、相当な覚悟が必要なのかもしれない。

桜宮の高校生に関して言えば、いずれ卒業していく身であれば、そう遠くない日に苦しみから解放される時がくるはず。
それまで持ちこたえられなかったものか?と、哀れに思えてならない。

この問題は体育科の入試中止問題にまで発展してしまい、罪のない子供たちがとばっちりを受けた格好だ。

子どたちの未来を担うべき大人が、道を阻んで良いはずがない。
子供よりも大人を教育しなければならない事態ではないだろうか?
[PR]
# by oss025 | 2013-02-03 11:50 | その他 | Comments(0)

謹賀新年

d0067906_2039201.jpg

最近の異常気象で日本列島は大雪や暴風雪で市民生活が脅かされている今冬ですが、予報に反して(札幌は)穏やかな新年を迎えています。

いつもながら私の主婦業としての締めくくりは、年末の大役であるお節づくりです。
近年は大枚をはたけばデパートなどで豪華なお節が手に入りますが、見た目の豪華さには適わないながらも、何といっても手作りが一番と信じている私です。
それでもやめ時はいつにしたらと時期を伺っている面がないわけではありませんが、娘が嫁いで家族が増え、当分やめられそうもありません。

暮れの掃除や食器洗いなど夫の協力も欠かせませが、その大切な助っ人が、暮れ近くになって腰を悪くしてしまいました。
それでも掃除はなんとか切り抜け無事新年を迎えることができました。

d0067906_20411834.jpg

いつもの我が家の定番お節ですが、毎年一品は例年と違うものが入ります。
今年は柚子を使った鮭のマリネを作りましたが、さっぱりしたとても良いお味に仕上がりました。

ところで道新の記事によると、お節は大晦日に食べるか、元旦にたべるか、地域によって違うそうですね。
我が家は昔から大晦日の夜でしたが、鹿児島生まれの夫も同じだそうです。

今年も愛犬ウィルがモデルになっていますが、もう今年の春には10歳になります。
「老いていくのは俺とウィルどっちが先かなぁ」と言うのが夫の口癖です。

昨年のお節←クリックしてね
[PR]
# by oss025 | 2013-01-02 20:43 | その他 | Comments(0)

交流会秘話 3

交流会最後の演目はみんなで歌って踊る「長生き音頭」です。
これをやることになったのは、一回目の実行委員会の時にS氏が、ある替え歌を印刷してきたのだが、私としてはピンとくるものがなかった。【Sさん ゴ・メ・ン・ネ!】
「もっと良いものないかなぁ」とインターネットで探したら、「あった!あった!長生き音頭が!」
「これだ!」と思って、もう一人の余興係りの小助川さんに「これどうお!」とURLを送ったら、即座に「最高!」という答えが返ってきた。それからが燃えました!(^^♪
実はこれには「年寄じみているとか前向きでない」など良くない前評判があり、私たちはそれをくつがえして、いいものに仕上げたいという強い思いがありました。

踊り手探しや振付をどうする?から始まり、試行錯誤しながらも、難しいところや長すぎる部分をカットし、CDを編集し直しました。
これには助っ人として夫の心強い協力がありました。
振りもシニア向きにアレンジして覚えやすく踊りやすようにしました。
d0067906_112056.jpg
私たちは住まいが余市と札幌という埋めようのない不便な問題がある中で、私が小樽に行くか、小助川さんに札幌の我が家に来てもらったりと、カバーし合いながら打ち合わせや練習をしました。

そして何といってもこの企画のポイントになったのは、小助川さん発案のあのカラフルな半纏でした。
フラダンスで使用していた黄色や赤のハイビスカス模様のドレスをリホームしたものです。
最初は4着だけだったのが、私もフラ用の生地があるのを思い出し、だんだん増えて結局9着も彼女一人で縫う羽目に?d0067906_11164238.jpg
和裁の経験があるわけでもないのに見上げたものだと感心しました。
写真で見て分かるようにボレロ風な半纏なのですが、その理由が生地が足りないからだとか・・・。
それが柄にマッチしていて怪我の功名になっているのですから、その柔軟さにはあっぱれと言うほかありません。
結果は大成功!
ほとんど全員が舞台に出て、歌って踊って賑やかに最後を締めくくり、24度年末交流会の幕を閉じたのでした。

♪ 元 元 元気でシャシャンとね それっ! 長生き音頭でシャシャンとね ♪
♪ まだまだ若いまだ若い ひよっとして迎えに来たならば ただ今お留守と言いなさい ♪

[PR]
# by oss025 | 2012-12-13 21:57 | 行事 | Comments(2)